本文へスキップ

札幌の弁護士事務所です。相続・遺言、離婚、交通事故、労働問題、借金問題など無料電話法律相談を行っております。

電話TEL.011-209-1126

〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目4番78号 ウエスト12ビル5F

交通事故SERVICE&PRODUCTS

交通事故



こんなことでお悩みではありませんか

問:交通事故にあったけがをしたのですが、加害者の保険会社された示談金の金額に納得がいきません。保険会社が提示した金額に応じて示談しなければならないのでしょうか?

答:交通事故の示談交渉で保険会社から提示される示談金額は、一般的に裁判で認められる基準より低額です。提示された金額では納得できないなど場合には、示談には応じられないと主張したほうがいいでしょう。
その後、話し合いでの解決ができなければ裁判などの手続をとって解決する必要があります。

過失割合等

停車している車に追突したなどの場合を除き、事故にあった自動車双方に過失がある場合が少なくありません。

また、生じた損害がいくらだったのかなど損害の評価が問題となることもあります。

このように交通事故における争点は意外と多岐にわたり、その判断が難しいことも少なくありません。

交通事故に遭われた場合は、早期に弁護士に相談することをお勧めします。

自動車保険に弁護士費用特約がついている場合には、これを利用することで実質的に弁護士費用の負担なく弁護士に相談や事件依頼をすることもできます。

後遺障害等級

上記のお悩み事例のように事故で怪我を負わされた場合、まず問題になるのは後遺症の有無とその等級です。

これによって慰謝料の金額や逸失利益の金額が大きく変わってきます。

後遺障害等級を適切に認定してもらうためには、事故当時の症状や事故後の通院状況など事故直後からの対応が重要になります。
また、一旦、後遺障害等級が認定されても、これに不服があれば、不服を申し立てして、より高い等級を認定してもらうことができる場合もあります。


バナースペース

やなだ総合法律事務所

〒060-0042
札幌市中央区大通西12丁目4番78号 ウエスト12ビル5F

TEL   011-209-1126
FAX   011-209-1128

営業時間 平日9:15~18:00
予約受付 平日9:15~19:00
     土日10:30~12:30
定休日  祝日
E-Mail  info@yanada-law.jp